FC2ブログ

横浜デート

1月2日も凛と一緒に居ました。
これで大晦日/元旦に続いて3日連続で凛と過ごしたことになります。

この日は、朝10時に待ち合わせをして、
ふたりで電車に乗って横浜まで遊びに行きました。
特別に、横浜で何かがしたかったわけではありません。
ただ、ふたりで一緒に居たかった。一緒に歩きたかっただけなんです。
まるで中学生のようなデートですね(笑)

ふたりで腕を組んで、時々キスをしたり、
素敵な景色があると、それを背景に凛の笑顔をカメラに収めたりしていました。
なんのことはない、普通のデートです。
一緒に山下公園を歩いたり、氷川丸に乗ってみたり、カフェでお茶を飲んだり
中華街で豚まんを食べながら歩いたり…。すごく幸せです。

横浜という街は、私も大好きな街ですが、ひとりで歩くには
少し寂しい気がするところだと思っています。
そして、私も凛も何度も、この街で遊んだことがあります。
ですが、こうして二人一緒に歩くと、今まで見たことがある景色が
とても新線に見えてくる。

「ということは、これから日本中色々な所をふたりで楽しめるね」
なんて凛は言っていました。まさにその通り。
齢50になって、こんなに恋人とデートすることが楽しいなんて
生きてきてよかったと思います。

私たちは、昨年1年、特に前半のデートはいつもラブホテル。
食事をする時間も惜しいので、コンビニで食料を調達して
ハメながら、食事をしたり、5時間ずっとつながったままだったり
とにかくセックス中毒なカップルだったのです。
だから、一緒にお茶を飲んでおしゃべりをする時間なんて
私たちには、ありえないデートだったんですよ。

こうした変化を楽しむことも、熟年カップルならでは。
今年もずっと愛し合って生きていきたいと思います。

※あ、もちろん横浜デートだけじゃなくて、夕方から家に戻り
ちゃんと気持ちのいいセックスもしましたよ(笑)

DSC_0114.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 熟年恋愛・熟年結婚へ
スポンサーサイト
[PR]

テーマ : 不倫・セフレ・大人の出会い
ジャンル : アダルト

2人の出会い記念日

マサキです。昨日は凛も書いていますが
2人の出会い記念日だったのです。

出会い系サイトで知り合った日から10日後
私たちは、都内の喫茶店の前で待ち合わせしました。
既に出会い系のメッセージのやりとりでは、
何度もエロティックなやりとりをしていて、2人の中では
セックスをすることが前提になっていました。

これまで出会い系で知り合った男性とは
逢って直ぐにホテルに直行することができる凛でしたが
この日は、凛の家庭の都合で夜遅くまで居られることができないので
「セックス抜き」で逢ってお話しましょう。という前提での
ふたりの出会いだったのです。

本当は凛はあまり「乗り気」ではなかったと言ってます。
それは、私に会うことに対して「乗り気じゃない」のではなく
この日は、アルバイトをしていて、お店の棚卸しのために
ジーンズ着用だったから…というのが理由です。

なんだか、すごく可愛い乙女心だと思いませんか(笑)
凛は、今でも初デートのことを思い出して
「だって初めてデートするのにジーンズはありえないでしょう」と
照れくさそうに笑います。

私たちの初デートは、喫茶店で待ち合わせをして
一緒にお茶を飲み、色々な話をしました。
この時の、出会いから別れるときまで、私は今でも
映画のシーンのように、細かく憶えています。

ふたりは初対面なのに、なぜかお互いの家族や
子供達のことまで克明に説明をしてしまったのです。
まるで出会い系で知り合ったとは思えないような会話(笑)
なんというか、健全で健康的な会話だったのですね。

でも、昨日はショックなことがあったんです。
それは、ふたりが出会った喫茶店が工事中で閉店していたこと。
もしかしたら、無くなってしまうのかもしれません。

ふたりの出会いの場所が消えてしまうのはショックですが
でも、心の中にすごく克明に憶えているし
こうしてブログに記録できることが何より幸せ。

「わたしたちが、おじいちゃんやおばあちゃんになったら
一緒にこのブログを読んで、キスしましょうね」って
凛は言います。

というわけで、初デート記念の昨日は、思い出の場所ではなく
別の喫茶店でずっと話をしていました。

私の今までの男女交際の経験だと、出会ったカップルは
一緒にお茶を飲んだり、食事したり、買い物をしたり
カラオケに行ったりとか、そういうデートを楽しんでから
ラブホテルで愛し合う…というコースが定番だと思うのですが

私たちの場合、出会ってからのデートは
逢える時間が限られているので、速攻でラブホに移動し
時間を惜しんでセックスばかりしていました。

昨日のデートでは、喫茶店でおしゃべりをしてから
居酒屋に移動。ずっとふたりでお話をしていました。
セックスはしませんでしたが、すごく幸せだった。
最近は、凛とこうした日常の会話がとても楽しくて幸せなんです。

デートの最後に、凛にマフラーをプレゼントしてもらいました。
12月の出会い記念日、私は凛にもらったマフラーを巻いて
心も体も暖かいまま、帰路につきました。

DSC_0345.jpg


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 熟年恋愛・熟年結婚へ

愛おしい

マサキさん、ただいま。
凛は帰ってきました
ご主人様がどう過ごされているのか
とても気にしていたの。
今日は
ちょっとだけ逢えて
とても幸せを感じたわ。

1時間ちょっとだけの束の間の。。。
でもとっても貴重な時間。

授業を終えた貴方は少し疲れていたのかしら
なんだかそれが余計にセクシーでエロくて
もう凛は胸がドキドキしていたの。

帰り際、駅の構内でキス
通勤帰りの人がいるのにね
唾液の交換までしてしまったわ。

おっぱいもおまんこも触られなかったけれど
凛は溶けそうになって別れたのよ
マサキさんの言うように
50歳間近でこんなトキメキ。。。
恋愛感情が持てるなんて

本当に今が一番幸せなのかもしれないわ。

匂う

凛です。

今日も真夏のような暑さだったわ。
朝からマサキさんとの奴隷生活を思い出しながら
ショーツの中はぐっしょり。

汗と汁でショーツが匂う。

夕方、マサキさんがわたしの住んでいる
最寄り駅に降り立ったの。
駅前の喫茶店でコーヒーを飲みながら
わたしは始終疼いてました。

舐めたいか?ってご主人様。
もちろんです。と応えてはみたものの
人の多い喫茶店で
時間も限られていたので諦めかけたわ。

その時マサキさんが突然指を私の鼻にあてがったの。
あああ。。。この饐えた匂い。。。

おちんぽから出てる汁を私に差し出してくれたのね。
少しネバネバして糸をひいていたわ。

近くのATMでお金をおろす振りをして
マンコ汁を指にたっぷりつけてくるようにと
命令されたので
はい。ご主人様ーとドキドキしながら
ウエストから手を入れてすでにヌルヌルのおまんこ
指を挿入するとクチュっと音がしたわ。

外で待っていたご主人様に駆け寄り
鼻に指を差し出したの。

臭い!

あああー臭くてごめんなさい。
いつもくちゅくちゅさせてるので
暑いこんな日は堪らなく匂うの。

ご主人様のおちんぽ汁をまた頂く。
指ごと舐め回してみたわ。
このまんま跪いてフェラチオしたい衝動に
駆られながらお互いの肉体から放つ
匂いにウットリしてしまいましたわ。

こんな私たちは変態でしょうか。
凛は幸せです。


プロフィール

Masaki Rin

Author:Masaki Rin
正木杜夫(50歳・教師)
凛(48歳・主婦)


いわゆる不倫カップルですが、肉体も心も深いところで繋がっています。このブログは交換日記風にふたりで記録していきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
19475位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
出会い
297位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも一覧

エロ裸女画像ライブラリ

パイパン奴隷の野外露出とSM調教
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR